中学生の僕がブログやTwitterを始めた理由【今後の活動予定も話します】

LIFE HACK

こんにちは、ゆうすけです。

僕は現在、主にTwitter上でいろいろな活動をしている現役中学生です。
最近はフォロワーさんも増えてくれて、たくさんの方に自分の存在が知られるようになって頂けているので、とても嬉しく思います。

そして最近では、

  • どうやってプログラミング始めたの?
  • なんで中学生でブログやり始めたの?

こういった質問を多く頂くようになりました。

そこで今回は、僕が現在に至るまでの経歴や目標、これからの活動について解説していこうと思います。

基本的に書きなぐりなので、文章にまとまりがないかもしれませんが、ご了承ください^^

僕の経歴

この章では、僕が現在に至るまでの経歴や経緯を解説しています。
長文になりますがご了承ください^^

小4からプログラミングスクールへ

僕は小さいころから負けず嫌いで、モノづくりがとても大好きでした。
段ボールで棚を作ったり、ビー玉転がしを作って遊んだりしていましたが、次第にもっときれいに作れるようになりたいと思い、材料を木や鉄に変えて、いろいろなモノを作っていました。

そんな事を続けているある時、電子工作という分野があることを知りました。
そして僕は、電子工作にすっかり没頭してしまい、気づいたら家の中が買ったパーツや分解した部品だらけになってしまっていました笑

そんな僕を見て、お父さんは、僕を電子工作が学べるスクールに通わせてあげるといってくれました。
そのスクールで僕はプログラミングと出会いました。初めはC言語でマイコンを操るためにプログラミングを習っていましたが、次第にプログラミング自体にハマりだし、いろいろな本を読み漁りました。
僕は基本的に飽き性のタイプでしたが、プログラミングに関しては別で、もっと勉強したいと思うようになり、独学も始めました。

これが僕がプログラミングと出会った経緯です。

小5でoffice関連の資格を取得

そのプログラミングスクールでは、C言語だけでなく、WordやExcelなどのスキルも受講していないのにも関わらず教えてくれました。
きっと、将来使えるスキルなので、小学生だった僕に教えてくれていたのだと思いますが、その時僕が勉強したかったのはプログラミングなので、全然興味はなかったし、楽しくもありませんでした。

しかし、プログラミングよりは簡単すぎるといってもいいぐらいのレベルだったので、そのスクールが試験会場として行っている試験で、

  • 文書デザイン検定試験 1級
  • 表計算 2級

などの資格を取ることが出来ました。
この資格が使えるのかどうかは分かりませんが、試験を受けるという行為はいい経験になったんじゃないかなと思います。

小6でC言語の資格を取得

もちろん、プログラミングの勉強もしていたので、C言語の資格も1つとることが出来ました。

  • C言語プログラミング能力認定試験 3級

です。
しかし、この資格を取ったあたりで、だんだんとプログラミングのモチベーションが下がってきました。
理由は単純で、「C言語だと視覚的にモノを作っている感覚が味わえないから」です。

基本的にC言語は、プログラムのバックグラウンドを構成するための言語なので、直接操作画面を作ったりとか、ソフトを作ったりするのにあまり適していないんですよね。
こんな感じで少しずつやる気がなくなって、僕はそのプログラミングスクールをやめる事にしました。
それと同時に、それまで通っていた「くも~ん、い~くもん♪」でお馴染みの公文塾も辞める事になりました。
これは単純に、塾がめんどくさかったのと、数学は高2レベルまで勉強が終わってたので、勉強する必要ないだろうと親が判断したからです。

そんなわけで、学校が終わってからの放課後の時間がめちゃくちゃ暇になる日が何ヵ月か続きました。

独学でweb系言語を学ぶ

プログラミングを勉強するために、わざわざ自分専用のパソコンまで買ってもらっていたので、なんかやらないと勿体ないよな~と思い、web系言語の独学を始めました。
なぜweb系言語を始めたかというと、それに関する書籍を見たときに、

  • C言語より簡単そう
  • 工夫すればいろいろ作れそう

と思ったからです。勉強していくうちに、やっぱりプログラミングは楽しいという事を徐々に実感していきました。

機械学習に興味を持ち、Pythonを独学する

ある時、テレビ(もしくはネットニュース)で、AIや機械学習について解説する特集がありました。そこで僕は、「プログラミング出来るなら自分でも作れるんじゃね?」と思い、機械学習についての勉強を始めました。
勉強していくうちに、最適な言語はPythonだという事が分かったので、Pythonの独学も始めていきました。

Pythonを使う事で出来ることは無限大にあるので、この言語に関しては結構ガチで勉強していました。

マナブさんの動画に出会う

そんな時、またまた僕は「自分のスキルでお金稼げるんじゃね?」と思うようになり、プログラミングで稼ぐ方法を調べるようになりました。
その時に僕は、YouTubeでマナブさんの動画に出会いました。マナブさんは、20代で月収何百万も稼いでいるような方で、僕はその世界に引き込まれました。

そしてイケハヤさんやヒトデさんなど、数多くの方々の存在を知るきっかけにもなりました。

Twitterでの世界を知る

そして、Twitterでの世界を知るようになりました。僕が思っていた社会の様子とは全く違い、フリーランスとして生きる生き方や、起業家として生きている方、学生で起業している方などが多くいて、世界にはいろいろな価値観があることを学びました。
実生活では身の回りに存在しなかった、僕と同じように中学生からプログラミングを始めている人やデザインをしている人、起業を目指している人がたくさんいて、めちゃくちゃ感動しました。

そして、僕はいろいろな方の発信をインプットしているうちに、僕が本当にやりたいことは、

  • モノづくり(形式問わず)
  • マーケティング戦略を考える
  • 自分のコンテンツでマネタイズする

だという事が具体化されていきました。

現在の僕

この章では、現在の僕のTwitterやブログでの活動について説明していきます。
その前に、ちょっとした自己紹介をしておきます。

僕の長所は、

  • 好きな事にはとにかく全力で取り組む
  • 負けず嫌いでとにかく1番になりたい
  • 中学のテストの最高点は480/500点
  • 中学から始めたバスケでバスケ部キャプテン

という感じなので、僕は普通の人よりも欲が深く、理解力が早い方だと思っています。なので、他の人よりも少ない期間で早く物事を実行できるのが自分の強みだと自負しています。

2019年2月から本格的にTwitterを始める

たくさんの方の発信を見て、自分もTwitterを本格的に始めてみようと決意しました。
初めは文章を書くのにも慣れていなかったし、どんな事を発信していけばいいか分からず、発信内容がバラバラだったので、全然フォロワーさんも集まりませんでしたが、対象のターゲットを

  • ブロガー
  • 中高生
  • プログラマー

に絞り発信していく事にしました。
現在では約800人の方にフォローして頂いけているので、とてもありがたいです。

後述しますが、今後Twitterは自分のメインの活動拠点として、そこからブログやnoteコンテンツのマネタイズなどに繋げていきたいと考えています。

情報処理安全確保支援士の勉強

僕は、プログラミングに興味を持つと同時に、ハッカーに憧れていた時期もありました(男なら誰しもあるはず…!)。
なので、個人的に自作PCを作ってLinuxを入れてハッキングの勉強をしてみたり、セキュリティについて勉強したりもしていました。

そんな時に知ったのが、「情報処理安全確保支援士」という資格です。
この資格は国家資格で、合格すると登録セキスペとして、社会で十分通用するという力があったので、ちょっと興味を持っていました。

それを受験すると決めた理由は、

「合格すると最年少」

だったからです。最年少で国家資格に合格したらかっこよくないですか?笑
セキュリティについては僕はある程度知識を持っていたので、この試験を受験する事を決意しました。

現在は、勉強中の内容などについて、Twitterでも発信しています。

もし合格できたら、「情報処理安全確保支援士に合格するための勉強法」として、特化ブログを作ってみたり、実績をフルに活用したりするつもりです。

2019年3月からブログを始める

僕は3月から「yusukeBLOG」というブログを始めました。このブログです。
ブログを始めたきっかけはたくさんあるのですが、一番のきっかけは、アフィリエイトやアドセンスで未成年でも稼ぐ事が出来るからです。

実際ブログ収益だけで月商1千万円を超えている方も存在しますし、情報ならネットにいくらでも転がっているので、やらない手はないと思い始めました。
「ブログはオワコンだ」と最近言われていますが、少なくともビジネスやマーケティングの勉強にはなると思うので、これからも継続してやっていくつもりです。

ブログを始めた大きなきっかけはもう一つあって、それはTwitter上でも活動している「キメラゴン」という中学生ブロガーがいたことです。
実際僕と同じように中学生でブログを始めている人がいるというだけでモチベーションの向上に繋がったし、キメラゴンは本気でブログ収益化を目指して既に実績も出ているので、僕も負けずに頑張りたいと思うようになりました。

noteコンテンツの作成を始める

マネタイズに舵を切っていくために、現在進行形でnoteコンテンツの販売も行っています。
自分が今のところ発信できるコンテンツは何かと考えたときに、僕は短期間でフォロワーさんを増やす事に成功したので、それについてのTwitter戦略noteを書くことにしました。

いろいろなマーケティング技術や心理学などを応用して販売する事に挑戦していて、現在は無料noteしか出していませんが、後々有料noteの販売も行っていきたいと考えています。
正直これはまだコツが掴めずにいるので、失敗しそうな気がしますが、挑戦する事で次に繋げていく事ができると思うので、たくさんの戦略を練って実行していきます。

目標

この章では、僕が中高生のうちに達成したい目標について説明していきます。

中学生のうちに月10万円を達成

僕はビジネスやマーケティングに年齢は関係ないと思っていて、結果が出る出ないはその人の努力次第だと思っています。
だから、僕は中学生のうちに月10万円を達成させるという目標をもって、いろいろな分野のビジネスに挑戦していこうと思っています。

しばらくはブログでの収益化に力を入れるつもりですが、いずれはYouTubeでの広告収入に挑戦してみたり、独自コンテンツ販売での収益化にも挑戦したりしていきます。

TwitterやYouTubeで影響力を持つ

影響力を持つことで、社会的信頼感を得ることもできるし、マネタイズに直結させる事も出来ます。
僕は今のところ、中学生のうちにフォロワーさん5000人は突破したいなと考えています。

もちろんアクティブ性のない薄いフォロワーを集めても意味がないので、そういった事も戦略的に考えながら進めていくつもりです。
先程も話しましたが、今年中にはYouTube参入するつもりです。YouTubeの需要は通信技術の発展などで爆上がりすると予想されているので、今のうちにポジションをとっておくことが重要だと思っています。

僕がYouTubeで発信するコンテンツはまだ正確には決めていませんが、「動画だから伝えられるもの」を意識して決めていくつもりです。

自分のSNSサービスを作り上げる

実現できるかどうか分かりませんが、使われるかどうかはまず考えずに、中学生のうちに1つ自分でSNSのサービスを作ってみようと思っています。
具体的な案は1つだけあって、それは

「チュートリアル系動画配信サービス」を作る事です。

これは、現在のYouTubeに目次機能・チャプター機能を付け足し、BGMの有無を設定できるなど、動画で学ぶ事に特化したサービスです。
さらに動画投稿者などのアカウントはすべてTwitterと連携出来て、Twitter内での動画に利用出来たり、検索エンジンでパッと調べて見れるようなものを目標に作っていくつもりです。

使われるかどうかは別として、動画その物の需要は増大していくので、近い将来はGoogleで検索したら解説動画がSEO1位にヒットするなんて事も普通になっているかもしれません。
最終的な目標としては、まず無理ですが、GoogleやFacebook、Twitterといったような自社のSNSに動画投稿機能を欲しがっている企業へサイト売却する事です。

高校卒業までに純資産5000万円突破

明確なビジョンはないですが、高校卒業までに5000万円以上稼ぎたいなと本気で考えています。
とにかく中学生のうちは膨大な量の情報をインプットして、いろいろな戦略を練る時間に費やしたり、自分で考えた事を実践していく期間にしていきたいと思っています。

 

これからの活動について & まとめ

僕がこれから活動していく内容は、基本的にこれらです。

  • ブログ収益化
  • Twitter
  • SNSの作成
  • 3DCGの作成
  • 特化ブログ&動画
  • noteコンテンツの収益化

先程紹介したもののほかに「3DCGの作成」とありますが、これは個人的に僕が興味ある事で、最終的に3DCGでモデリングしたものを使って、フラットデザインのゲームなどを作れたらなと思っています。
3DCGについてはつい最近まで取り組んでいましたが、僕が現在使っているパソコンにはGPUが入っていないので、まずは別の分野でお金を稼いで、それを自己投資としてパソコンの購入代金に回せたらなと思っています。

これから僕は中学生という年齢をフルに活用しながら様々な分野に取り組んでいくつもりです。

最後まで読んで頂きありがとうございました^^

Twitterはこちらです。応援よろしくお願いします!

それでは!