【1分で解決】wordpressのHTTPエラーの対処法【超簡単】

LIFE HACK

 

wordpressでHTTPエラーが出る…。何回やっても治らなくて萎える…。

誰か解決した人、対処法教えてほしい…!

 

こういった疑問をお持ちの方へ、本記事ではwordpressの画像設定の際に出てくる、HTTPエラーの対処法について解説していきます。

 

こちらのエラーです↓↓

僕も数日前まで、このエラーに何度も悩まされ、何時間も無駄にしましたが、対処法を知り解決した瞬間、「こんな事だったのか!」と嘆きました笑

 

それくらい簡単に1分もあれば解決できる事だったので、読者の方には参考になると思います。

 

それでは解説していきます。

スポンサードサーチ

HTTPエラーの対処法

完結に対処法を教えると、

 

サーバーパネルへアクセス

↓↓

php.iniでmax_execution_timeを変更

 

で完了です。

 

それでは詳しく解説していきます。

サーバーパネルへアクセス

まず、使用しているレンタルサーバーのサーバーパネルへアクセスします。

 

僕の場合は、Xserverを使用しているので、こちらのURLからXserverのサーバーパネルにログインし、アクセスできます↓↓

https://www.xserver.ne.jp/login_server.php

 

ログインすると、このような画面が表示されるはずです。

php.iniで設定

サーバーパネル内の、「PHP」の項目の中から「php.ini設定」をクリックします。

サイトで使用しているドメインを選択します。

すると、PHP.ini設定が表示され、「php.ini設定変更」タブが表示されているはずです。

 

スクロールしていくと、「その他の設定」欄内に「max_execution_time」があります。

デフォルトでは30と指定されているので、これを60に変更します。

 

変更後、「確認画面へ進む」をクリックし、「変更する」をクリックします。

 

数分後、設定が反映されているので、画像がエラーなしで読み込めるようになります。

 

以上で完了です!

エラーが出る原因とは?

ここまで手短に対処法について解説してきましたが、「なぜHTTPエラーが出るのか?」といったことについて説明していきます。

 

詳細は下記記事にて解説されていますが、30秒でプログラムが処理出来なかった場合に強制終了させられ、タイムアウトしてしまうようです。

https://haradaweb.com/wordpress/beginner-settings/execution-30-seconds.html

 

先程設定したものを簡単に説明すると、プログラムの処理時間を30秒⇛60秒へ変更したという事です。

 

つまり、処理時間を伸ばす事によって、エラーの発生を防いだわけです。

スポンサードサーチ

この方法でも解決しない場合

対処法やエラーの原因について解説してきましたが、それでもまだ解決しない方もいるかも知れません。

 

そんな方は、これらを一度確認してみてください。

 

・ファイルサイズは30MB以下か

・画像サイズが大きすぎないか

・特別な拡張子を使用していないか

・ファイル名に特殊文字を指定していないか

 

画像サイズの適切なサイズとしては、横幅が1200pxのものがちょうど良いと思います。画像が大きすぎても読み込みに時間がかかったりするので、写真をメインにしているサイトでない限り、できるだけ1200px前後の画像を使用するようにすると良いと思います。

 

また、wordpressは漢字に対応していますが、万が一の場合もあるので、原則ファイル名はアルファベットでつけておく方が無難です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

今回はwordpressの画像設定時に出る、HTTPエラーの対処法について解説しました。

 

この記事を読んだ方が、無事エラーを解決できる事を祈っています。

 

それでは^^