「全部試したよっ!」とは言わせない、絶対効果あるPCの軽量化方法【ノートPCでフォートナイトも余裕】

LIFE HACK

ノートPCのスペックが低すぎて重い…。いろんな対処法を調べて見たけど、効果絶大なものが見つからない…。

こういった疑問をお持ちの方へ、本記事ではほとんど知られていないノートPCの軽量化方法について解説していきます。


「PC 軽量化」といった感じで検索してみると、小難しい設定をいじったり、不要ファイルの削除を行う必要があるものなど、結構取り組むのが大変だったり、ぶっちゃけ効果がないものもたくさんありますよね。
本記事では、実際に僕がやって実感した、一番効果のあるPCの軽量化方法について解説します。

結論:「物理的にPCにの発熱を防ぐ」が一番

マジで効果的です

見出し通り、「物理的にPCの発熱を防ぐ」というのが一番でした。
PCの軽量化を考えると、ソフトウェア的な対策やメモリの開放に取り組みがちですが、物理的な対策の方が何倍も効果的です。

僕は実際に小型扇風機でPCの排熱を手助けし、発熱を防ぐ方法を試してみたところ、

YouTube閲覧時

  • CPU使用率 90%⇛50%
  • メモリ使用率 60%⇛55%

と、大幅な軽量化に成功しました。

実際に何をすればいいの?

具体的に発熱を防ぐ方法を解説すると、直接PC本体を冷やしたり、小型扇風機などで排熱の手助けをするといった感じです。
僕が取り組んだのは後者で、難易度的には後者の方が楽なのかな、、、と。

前者の方は、「ノートPC用クーラー」というものを本体に取り付けたりする事で実現できます。
こちらは実際に試したことがないので詳しく分かりませんが、ある程度の効果は得られると思います。

続いて、後者の「小型扇風機で排熱の手助けをする」ですが、これはガチで効果的です。
僕が利用していたのは「Surface pro4」というタブレット型ノートPCなのですが、GPUが搭載されていないため、動画などを見るだけでもすぐにCPU使用率が上昇してしまう状態でした。
しかし、小型扇風機を単純に本体にあてて動画閲覧をしたところ、先程も話したようにCPU使用率が大幅に下がりました。

↑↑こちらはAmazon内でコスパ最強の小型扇風機ですので、こちらを試してみると良いかもです。

やり方も簡単で、本体に風をあてるだけで実現できるので、ぜひ試してみてください。

効率的に冷やすコツは?

小型扇風機で本体を冷やすのにもコツがあり、それは排気口周辺を狙って風を与えるという事です。
排気口もないただの金属でできた部分に風を与えているだけでは、分かると思いますがほぼ効果は皆無なので、注意が必要です。

また、CPU周辺の場所を集中的に冷やすのもかなり効果的です。
実際にPCが起動している時に、本体を触ってみて熱くなっている箇所があると思います。CPUに限らず、そういったところを集中的に冷やすことを意識すると、効率的に取り組む事ができるのでオススメです。

参考:ソフトウェア的な対策はこれ

ここまで、物理的なPCの軽量化方法について解説してきましたが、ソフトウェア的な対策方法についても少し解説しておきます。
いろんな軽量化方法を調べてみて、ソフトウェア的な対策方法の中で一番効果があったものなので、ぜひ参考にしてみてください。

アニメーション無効化がかなりいい

取り組む事は、「アニメーションの無効化」ですね。
アニメーションとは、Windowsの場合、Windowsキーを押しホームが表示される演出だったり、アプリを立ち上げる時の演出の事です。
これらは無効化することができ、場合によっては結構な効果が得られます。

詳しい対策方法はこちらの記事でまとめてあるので、こちらにも取り組んでおきたい方は、参考にしてみてください。

Windows10 をパフォーマンス優先に(軽く)する方法 – PC設定のカルマ

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は効果的なPCの軽量化方法について解説していきました。
どれも敷居が低く、すぐに取り組めるような事ばかりなので、PCがおもすぎて困っている方は早速実践してみてください。

それでは^^