【厳選10選】作業効率が爆上がりするショートカットキー集【windows10】

LIFE HACK

コピペとか基本的なショートカットキーは覚えたけど、もっと上級者っぽいやつ使いこなしたいな~。便利なショートカットキーって具体的に何があるんだろ…?

こういった疑問をお持ちの方へ、本記事では

 

  • 範囲指定してスクショをとる
  • ウィンドウ、タブを切り替える
  • 最速でソフトを立ち上げる

 

といった、覚えておくと超絶便利なショートカットキー10選を紹介していきます。

 

なお、この記事はすでに「Ctrl+C」や「Ctrl+Z」などの基本的なショートカットキーを知っている方を対象にしていますので、ご了承ください。

 

スポンサードサーチ

おすすめショートカット集

windowsキー+Shift+Sで画面をスクショ

これは意外と知らない方が多いのではないでしょうか?

 

画面のスクショのショートカットではほかに「Prt Scキー」などがありますが、「windowsキー+Shift+S」では、スクショする範囲を指定して実行する事が出来ます。

 

この機能は本当に便利で、普段PC作業をする方やブロガーの方は暗記必須といっていいほどのものです。

 

それでは実行方法を解説します。

1.スクショしたい部分を表示して、「windowsキー+Shift+S」を押します。すると、画面全体に白いフィルターがかかったような状態になります。

2.この状態になったら、スクショしたい範囲をマウスクリックとドラックで選択する事によってクリップボードにコピーできます。

 

とても簡単ですよね!

 

選択した写真はクリップボードに保存されているので、windows標準搭載の「ペイント」に張り付けて使用する事もできますし、Twitterなどで画像投稿したい場合、そのまま張り付けて使用する事もできます。

 

Alt+Tabでウィンドウ切り替え

「Alt+Tab」を使用すると、簡単にウィンドウを切り替えることができます。

 

この機能は、普段多くのウィンドウを立ち上げて作業している方が利用する事によって、作業効率を格段に引き上げる事が出来る便利な機能です。

 

それでは実行方法を解説します。

 

1.「Alt+Tab」を押します。するとこのような画面が表示されるはずです。

この状態で、Altキーを離さずに、Tabキーを押すことによって、アクティブウィンドウを切り替える事が出来ます。

 

この機能は慣れておくとかなりの作業時間の短縮に繋がるので、とてもおススメです!

 

Ctrl+Tabでタブを切り替え

この機能は、主に「Chrome」や「FireFox」といったブラウザで使用する事が出来ます。

 

使い方は簡単で、複数のタブが表示されている状態で、「Ctrl+Tab」を押すだけです。

 

ブラウザ上でニュースサイトやTwitterなどを同時に閲覧している方は、作業と並行にマウスを使わずにタブを移動できるので、非常に重宝するショートカットキーだと思います。

 

windowsキー+Dでウィンドウを最小化

これはどちらかというと、開いてるウィンドウが多すぎて一度整理したい場合や、さっと自分が開けている画面を隠したい場合に有効なショートカットです。

 

こちらも使い方は簡単で、単に「windowsキー+D」を押すだけで、すべてのウィンドウが最小化されます。

 

使用頻度は少ないかもですが、覚えておいて損はないです。

 

windowsキー+Rでファイルを指定して実行

これはプログラマーの方が重宝するショートカットキーです。

 

「windowsキー+R」を押すと、小さなウィンドウが現れます。

そこでファイルディレクトリやプログラム名を指定する事で、素早くファイルやソフトを開ける事が出来ます。

 

プログラマーだけでなく、普段ファイル操作をたくさんする方も、使用する事によって作業効率を上げる事ができるのでおススメです!

 

F11で全画面表示

使用できるソフトなどは限られますが、これもとても便利な機能です。

 

主に使用する場面はブラウザで、YouTubeなどを全画面表示で見たい時などに、「F11」を押すだけで、素早くフルスクリーン表示に切り替える事が出来ます。

 

Ctrl+Fでウィンドウ内検索

これはサイト内や文書ファイル内で、特定の文字列を探したい時に便利な機能です。

検索機能が利用できるようになり、素早く自分が探している情報にアクセスする事ができるようになります。

 

それでは実行方法を解説します。

 

1.「Ctrl+F」を押します。すると、このような小さなダイアログが表示されるはずです。(※使用環境によってデザインは変わります。)

2.表示されたダイアログで文字列を検索する事で、一致する文字列の場所へ飛ぶことができます。

 

この機能はいろいろな場面で使えるものなので、覚えておいて損はないです。

 

Ctrl+Shift+Escでタスクマネージャーを開く

タスクマネージャーを使用する人はあまりいないかもしれませんが、ソフトが途中で固まってしまって動かなくなった時に強制的にウィンドウを閉じたり、ちょっとパソコンが重いなと感じたときに使用状況を確認したりする事ができます。

 

使い方は簡単で、「Ctrl+Shift+Esc」を押すだけです。

 

タスクマネージャーの使用には、別途知識が必要かもしれませんが、パソコン上級者の方は誰でも知っている知識ですので、覚えておくと良いと思います。

 

windowsキー+矢印キー

このショートカットキーを使用する事によって、表示ウィンドウを綺麗に分割して同時並行で作業を進める事ができるようになります。

 

この機能は特にノートPCを使っている方におススメです。

 

実行方法は、移動させたいウィンドウをアクティブにした状態で、「windowsキー+移動させたい方向の矢印キー」を押すだけです。

 

使いこなせば、このようにいろいろな作業を同時並行で進めていくことが出来るようになります。

 

Ctrl + Nで新規に開く

このショートカットキーを使うと、新しく新規にブラウザを立ち上げたり、wordファイルやペイントなどを立ち上げたりすることが出来るようになります。

 

複数の作業を同時並行でやっている方や、たくさんのファイルを同時に扱う方は、作業効率を爆上げする事ができるので、とてもおススメなショートカットキーです。

 

実行方法は簡単で、新規に開きたいソフトまたはブラウザのウィンドウをアクティブ状態にして、「Ctrl+N」を押すだけです。

 

非常に簡単に使え、一般的にもよく使用されているショートカットキーなので、覚えておきましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

ショートカットキーは非常に便利で、知っておくと作業効率を何倍にも引き上げることができるようになるので、今回紹介した10種類のショートカットキーは、覚えておくと良いかもしれません。

 

また、最近ではショートカットキーを自分で作ることもできるそうなので、興味のある方はぜひ試してみてください。

 

それでは!