【Twitter】TLに表示されるツイートを制限する方法【無駄な情報は見ない】

LIFE HACK

TwitterのTL見てるけど、結構いらない情報が多くて無駄に時間を消費しちゃうんだよね…。「〇〇がいいねしました」とか、表示しなくてもいいから、もっとTwitterのTLを効率的に使いたい!

こういった疑問をお持ちの方へ、本記事ではTwitterのTLに表示するツイートを制限し、情報収集を効率化する方法について解説していきます。

TLを見てると、「〇〇がいいねしました」といったツイートが表示されたり、関係のないバズツイートが表示されたりすることがありますが、正直見なくてもいいですよね。
僕もこういったツイートを制限して、「なんでもっと早く導入しなかったんだろう」と思うほど情報収集の効率化が進んだし、モチベーションアップにも繋がったので、ぜひ皆さんも導入してみてください。

✓本記事の内容
  • TwitterのTLでツイートが制限できるようになる
  • 必要な情報だけを収集する事ができるようになる

スポンサードサーチ

TwitterのTLでを制限する方法

前提:必要のないフォローははずす

当たり前ですが、前提として、自分が必要ないと思っている方のフォローは外しておきましょう。
デフォルトの設定でTLに表示されるのは、自分がフォローしている人のツイートが大半なので、興味のない人まで片っ端からフォローしていたら、TLに情報が溢れて閲覧に時間がかかってしまいます。

もし、「応援したい!」「リアルで関係がある」という気持ちがあってフォローは外したくないけど、TLにRTとか多めで無駄な情報がめちゃ流れてくる、、、といった場合には、ミュートするという選択肢もあります。
特定の人をミュートし、リスト追加しておけば、TLには表示されずに、その人のツイートを参照したい時はリストを閲覧すればいいだけなので、結構便利です。

まずは、自分のフォローを整理する所から始めてみてください。

ツイートの表示順を「最新」にする

デフォルトで、TwitterのTLは「ホーム」という表示設定になっているんですが、これだとトップツイート(いわゆるバズツイート)も多く表示されるようになり、またまた無駄な情報でTLが溢れかえってしまう事になります。
表示設定には「最新ツイート」というものもあり、こちらに設定しておくことで、常に自分がフォローしている人の最新のツイートを見ることが出来るようになり、より効率化が進みます。

✓設定方法

1.TwitterのTLにアクセスし、右上の星のようなマークをタップします。

2.「最新ツイート表示に切り替える」をタップします。

以上で設定は完了です。
かなり簡単に設定出来るので、一度試してみてください。

「〇〇がいいねしました」を非表示に

TLを見ていると、「〇〇がいいねしました」というツイートが流れてくる事がありますよね。
ですが、ぶっちゃけ人によって「いいね」の基準は違い、ブックマーク代わりに少しのツイートだけにいいねしている人もいれば、ほぼ全てのツイートにいいねしている人だっています。
こちらも設定する事によって、非表示にする事ができるので、紹介しておきます。

✓設定方法

1.設定とプライバシーをタップします。

2.通知をタップします。

3.ミュート中をタップします。

4.ミュートするキーワードをタップし、「追加する」をタップします。

5.ここで、「suggest_activity_tweet」と入力し、保存をタップします。

6.以下のような画面が表示されたら、設定完了です!

おまけ:ブックマーク機能も便利

最後におまけとして、Twitterのブックマーク機能も紹介しておきます。
意外と使われてないんですが、結構便利な機能で、繰り返し読みたいツイートなどを保存しておくことができるので、一度使ってみてください。

ブックマーク機能の使い方

1.保存しておきたいツイートを表示し、右下のボタンをタップします。

2.「ブックマークに追加」をタップします。

3.これにて保存が完了したので、あとはブックマークから閲覧することができます。

参考程度に、僕は自分の目標ツイートだったり、アイデアツイートをブックマークしておいて、定期的に見返すようにしています。
ブックマーク機能を活用できると、いろいろなアイデアが生まれるようになったり、モチベーションの向上にも繋がったりするので、ぜひ皆さんも利用してみてください。

スポンサードサーチ

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回はTwitterのTLでツイートを制限する方法について解説していきました。

何かに取り組んでいる人は、Twitterに時間を取られてしまってはもったいないので、自分自身でこういった設定をして、Twitterを有効活用できるようにしていきましょう!

それでは^^