【公開】WindowsとMacの違い【乗換時に困る事5選】

GADGET

先日、超有名ブロガーのマナブさんからMacbookProをプレゼントして頂けたので、メインPCをWindowsからMacに乗り換えました。

 

 

Macは慣れないと大変ってよく聞くけど、具体的にWindowsと何が違うんだろ…。

実際に乗り換えた人の意見が聞きたい。

 

こういった疑問をお持ちの方へ、本記事では実際にWindowsからMacに乗り換えた僕が、Macを使っていくにあたって困ったことを5つ紹介していこうと思います。

 

※僕はUSキーボードを使用しているので、日本語配列の場合は少し内容が変わってくる場合がありますので、ご注意ください。

スポンサードサーチ

WindowsとMacの違い5選

早速その5つをネタバレしていくと、

 

1.OSの操作性が違いすぎる

2.キーボードの使い方が独特

3.ファイル構造に戸惑う

4.対応ソフトの違い

5.ロマン

 

です。

 

それぞれ順番に解説していきます。

OSの操作性が違いすぎる

これは当たり前といっちゃ当たり前なんですが、OSの操作性が全く違うので、なれるまでかなり時間がかかります。

 

具体的な例を出すと、

 

〜立ち上げているウィンドウを閉じる時〜

・Windows…右上のバツボタンをクリック

・Mac…左上の赤ボタンをクリック



〜ソフト(アプリ)を立ち上げる時〜

・Windows…ホームの一覧から選択

・Mac…Launchpadから選択

 

というように、こういった少しの操作でも大きな違いが出てきます。

 

最初のうちは、ついついウィンドウを閉じようとして、カーソルを右上に持っていってしまって、「またか…!」となったりしてしまいます^^



また、WindowsでいうコントロールパネルやタスクマネージャーもMacでは操作性が全く違うので、一から覚えて慣れていく必要があります。

 

こういった面が、乗り換えた時にまず一番に感じる違いです。

キーボードの使い方が独特

MacではWindowsと違い、「optionキー」、「commandキー」などが出てきます。

それによって、普段使うキーボードのショートカットキーがめちゃくちゃ変わってきます。

 

基本的には、Windowsでいう「Controlキー」がMacでいう「commandキー」なんですが、Controlキーはキーボードの一番左下に位置しているのに対し、commandキーはスペースバーの横に配置されてるんですよね。

 

これによって、いつもは小指で押していたControlキーが親指でしか押せなくなってしまうので、ショートカットキーを使用するたびに手間がかかります。



また、Macでは基本的にマウスではなくトラックパッドを使用してカーソルを操作するので、キーボードで文字を入力している最中にカーソルが動いてしまうなんて事もよくあります。

 

慣れる事で多少は良くなりますが、まだまだ時間がかかりそうです^^

ファイル構造に戸惑う

Windowsでは、「Cドライブの中にユーザーフォルダがあって、その中にダウンロードフォルダがあって…」というように、ドライブごとにファイル構造が明確にされているので、どこに何のファイルが保存されているかという事が感覚的に分かります。

 

一方Macでは、デフォルトでは「よく使う項目」という項目だけがエクスプローラ(Finder)に表示されているため、自分がどこにファイルを保存したのかということが、慣れないと分かりにくかったりする事があります。

 

基本的にMacはコマンドラインでファイル操作ができるようなので、慣れればMacの方がファイル管理はしやすいのかもしれませんが、やっぱり長年Windowsを使ってきた身からすると、エクスプローラで視覚的にファイル構造が見れた方が分かりやすかったりするので、そこはかなり慣れが必要ですね^^



ただ、そういった事を解決するMacアプリやファイル管理アプリなどもあるみたいなので、必要に応じてそれらを使用していくのもいいかも知れません。

対応ソフトの違い

知ってる方も多いかもですが、Windowsで使えるソフトでも、Macで使えないといったものはたくさんあります。(もちろんその逆もあります)

 

個人的に僕が残念だと感じたのが、Macが「Wallpaper Engine」というデスクトップの背景を動かせるようになるソフトに対応していなかった事です。

 

このソフトは有料ですが、使い勝手がよく、Windowsでは毎日使用していた必須ソフトでした。

 

Steamという大手プラットフォームが配布しているソフトで、Macでも使えるものだと思いこんでいたので、少し残念でした^^



とは言っても、Macでしか使えないアプリというのもたくさんあるので、こういった事は仕方ないのかなと思います。

ロマン

ここまで、少しMacに対して否定的な意見が多めでしたが、実際ほとんどが慣れれば解決する話なので、Macの方が使いにくいというわけではありません。

 

というか、僕は、MacはWindowsに対しては確実に勝てる分野があると思っています。

 

それは、「ロマン」です。

 

Windowsって、会社の業務で使用されていたり、多くの家庭で使用されていたりするようなイメージがあるんですが、Macとなると、イメージが断然変わりますよね。

 

「おしゃれでカッコよくて、使いこなしてみたい。」

 

長年Windowsを使ってきた人にとっては、こう考えている人も多いのではないでしょうか?

 

カフェとかでMacを使いこなせてると、カッコいいですよね笑



人によって捉え方は違うと思いますが、MacにはWindowsにはないロマンが詰め込まれていると思います。

 

そこがMacの最大の魅力でもありますね^^

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

MacはWindowsと違いが激しいので、慣れるまで時間がかかるかも知れませんが、使いこなせるととても便利で、めちゃカッコいいです^^

 

Macに乗り換えてみようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

それでは^^